山本勝美トップ画像
山本勝美ホームページ「ホーム」 山本勝美の自己紹介 山本勝美の著書 山本勝美のブログ 山本勝美のリンクのページ


山本勝美自己紹介


山本勝美 自己紹介:

1938年生まれ
福井県出身


 じつは男なのです。名前とこれまでの職業、活動内容からときどき女性と間違えられます。
 職業は40数年間にわたり、保健所、精神医療施設などで「カウンセラー」(あるいは「心理相談員」)をしてきました。
 人の悩みや心配など心の世界をともにし、いっしょに解決をこころみる仕事です。
 家族は、連れ合いとのあいだに娘と息子二人がいますが、子どもたちはみんな独立しました。

 

略歴:


●1938年11月3日福井県坂井市(旧丸岡町)で生まれました。「日本一短い母への手紙」 という作品をうみだした町です。

●高校は県立丸岡高校に一年と都立九段高校に二年

●1958年都立大学入学、心理学を専攻

●1962年都立大学大学院にすすみました

●1965年よりアメリカへフルブライト交換留学生として渡航。二年間、障害児施設や精神医療施設で米心理学会認定の臨床心理インターン研修プログラムに参加。

●1967年帰国し、大学院に戻ると共に、国際キリスト教大学につとめました。

●1970年同大学をやめ、心理カウンセラーとしていろんな現場で仕事を始めました。都内各地の保健所で三歳児健診の心理相談員として従事しました。民間の相談室や精神病院で仕事をしていました。

●1991年1月より99年3月まで、NHKラジオ番組「子どもと教育電話相談」相談員をつとめました。

●1994年より5年間、日本こども文化専門学院で「福祉概論」講師

●1995年より6年間、N歯科衛生士専門学校で「心理学」講師

●1998年より2年間、立教大学で「人間学」講師

●2000年4月から半年間、日本女子大学心理学科非常勤講師

●2001年4月より2年間、青葉学園短期大学社会福祉学教員

●2004年4月より3年間、田園調布学園大学非常勤講師

●2003年4月より4年間、千葉県のNPO「ちばMDエコネット」と県の協同事業、「ノーマライゼーション相談」において、障害のある子どもや障害者の相談員のアドヴァイザーを担当してきました。

●2006年より、社会福祉法人ドリームヴィのショートステイ及び「体験の家」で支援員として勤務中。

●2009年より、多様なスペース「ヴィ街なか」で相談室に勤務中。
同時に、同所でヨーガ・インストラクターとして従事しています。

●他方で、2000年より7年間、東京都奥多摩町保健センターの乳幼児健診にて心理相談業務に従事。
続いて2007年より、奥多摩町子育て支援事業の心理相談員として
古里保育園相談室に勤務。現在に至っています。



様々な活動

○東京都保健所心理相談員協議会

1968年に創立され、東京都区内の保健所と多摩地区の市町村で乳幼児健診に心理相談員として従事しているメンバーの会です。研修会、公開講座などをおこなっています。ぼくは事務局を担当しています。

○東京都保健所心理相談員協議会
(連絡先)〒359-0032
埼玉県所沢市若松町846-7 山本方
(電話)04-2993-2259

 
○福祉労働編集委員(現代書館) 「季刊 福祉労働」は障害者についての雑誌です。最新の問題を取り上げ、鋭い論調と情報で知られています。
 
○市民福祉サポートセンター 市民福祉サポートセンター(略称・SSC)は1996年11月、各地で社会福祉や教育などの市民活動に取り組んできた個人やグループを中心に、「市民福祉」に関する情報を交換し、政策を提言していく新しい非営利組織をめざして発足した会員制の市民グループ(特定非営利活動法人)です。
私たちは、これまでの「行政型福祉」に対して「市民型福祉」を提起していきたいと考えました。そして「市民と市民がたすけあう」には何が必要なのかを語り合ってきました。
ぼくはこの会の運営委員をしています。
 
○日本マルタ友好協会

1978年、中国を旅行中、地中海のマルタ共和国使節チャールズ・ミッツィ氏と知り合い、1989年に友人たちと共に設立した会。マルタの人々と友好親善を深めることを目的とし、これまで4回にわたり友好使節団としてマルタを訪問しました。今年(2010年)も9月初旬からロードス・ミコノス・クレタなど地中海諸島クルーズを経てマルタ共和国を訪問する予定。旅行メンバー募集中。

 
○国勢調査の見直しを求める会

「国勢調査の見直しを求める会」は1980年以来、「調査される側」の立場から、国勢調査の現状に疑問をいだき、改革を求めて活動を続けてきました。毎回調査時には<国勢調査ホットライン>を開設し、国勢調査についての問い合わせや悩み等、一般市民の皆さんのご相談に応じています。この基本的趣旨に賛同される方はどなたでも参加できます。ぼくは、白石孝さんと共にこの会の共同代表を務めています。

(連絡先)〒116-0005
東京都新宿区愛住町3 貴雲閣ビル108
fax 03-5269-0944

 
○社会福祉法人「ドリームヴィ」 スワン・カフェの立ち上げから10年間,東京都北区十条を中心に、地域の知的障害者の人たちの就労支援、グループホーム、ショートステイなど諸分野で活動を続けている団体です。ぼくは06年からショートステイで、09年からは「体験の家」で支援員として従事しています。
 
○「ヴィ街なか」相談室 上記「ドリーム・ヴィ」の関連施設「ヴィ街なか」は、2009年4月にオープンしたダイニング、文化活動、サポート活動など多様なスペースです。ぼくはここの相談室でカウンセラーをしています。相談ご希望の方は、ホームページよりご連絡下さい。
 
○ヨーガ体操の会 「ヴィ街なか」のカルチャ活動の一つ。インストラクターはぼく。40代でからだを悪くして以来、ヨーガ体操を23年続けてきました。
毎月第2、第4金曜日の夜6時から行っています。
 
○「たんぽぽ会」 ’79年の「養護学校義務化(義務制実施)」の年に創立した障害児の親の会。統合教育を望んで、小中学校を過ごした親子の集い。
細々ですが、30年以上にわたって,支え合って生きてきました。
現在も2ヶ月に一度の集いを続けています。
 
○「障害児を普通学校へ
  全国連絡会」
障害のある子もない子もともに育ち合う教育を目指している会。
民主党政権はマニフェストで「インクルージョン教育」を掲げています。
現在の「特別支援教育」によって,学校は完全に分離・選別化してしまいました。



ホーム / 自己紹介 / 著書 / ブログ / リンク


子育て・心理カウンセラー山本勝美 介護・障害の悩み相談

copyright(c)Katsumi Yamamoto All rights reserved
inserted by FC2 system